2020/06/06 16:25



こんにちは。

gift project 「acelio」オーナーの八尾です。



コロナウイルスの影響で、3月末からスーパー、コンビニと郵便局くらいしか家の外に出ないという

生活を送っている私ですが、

6月になり、少しずつ販売のお仕事が再開し、外に出るようになってきました。


ニュースを見ていると、以前ほど急激ではないものの、

緊急事態宣言の解除後、新たな感染者が増えているということで

油断はできない状況だと感じています。


ということもあり、お仕事のない日は変わらず、

基本的に家の中での生活を続けています。




打ち合わせは基本的にオンラインか電話、作品のやり取りなども9割以上は配送で。

家でも可能な仕事は出来る限りそうしていただいています。



自粛期間、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

友人に会いたいな、とかたまには外食がしたいなとか、

辛いこともやっぱり多いですよね。



ただ、少なからず、自粛期間で家にいる時間が爆発的に増えたことで、

よかったと思えることが私にはあります。



何より、一つ一つのことにじっくり時間がかけられること。

インスタグラムなどでも、「ゆっくり撮影ができる」とか言ってたりしますが、

催事をしていたり、外での仕事が多い時期だと、

撮影になかなか時間を割けず、

(基本的に日光を使って撮影するため、

日中家にいない日はまったくできません。)

また、撮った写真の編集も催事の休憩時間にやったり、

帰ってきてから夜中にやったりと、

体力的にもなかなからしんどかったりします。笑


そう言った意味では、光の具合が良さそうな時間を選ぶことができたり、

編集も丁寧にやることができるという、ありがたいこともあるのだなと感じています。




そして何より、立ち止まって考える時間が作れていること。

これが何よりもの恩恵かなと考えています。



昨年の10月から本格的に催事の動きが活発になり、

それから半年ほどの間はまとまった時間をとふことができない

走り抜けるような期間でした。


それはそれで、楽しいものなのですが、

没頭する、というのはいい面も悪い面もあると思っていまして。

どこかで立ち止まって、振り返って、自分の位置を確認すること、

これを忘れたら意味がなくなってしまうような気がするのです。


と、いうことでこの2ヶ月ほどは

ゆっくりとこれまでのことを振り返り、

そしてこれからの準備について考えることができて、

それは幸せな時間でした。


今回は状況の変化で生まれた偶然の時間でしたが、

これからも意識的に、こういった時間をつくろうと

改めて思いました。

自分の位置をしっかりと確認し、進む方向を見据えられるように。



すごくポジティブな思想かもしれませんが、

物事の受け止め方は見ている側面によるのだと思います。

何事も、良く受け止められる方が、人生楽しいじゃないですか。笑


これから、状況がどう変わっていくかはわかりませんが、

その時の状況に合わせて、出来ること、すべきことを考えて、

その中で楽しんでいければと思います。



どうぞよろしくお願い致します。

  • Home
  • About
  • Blog